ぐうたらアラサー女ぐうこの絵日記

出不精でダラダラ大好きなアラサー女。ぐうたらな日常や、恋愛、趣味を絵日記で描いてます!

心が弱ってるときに読んでほしい!心温まる小説&漫画《第二弾》『町田くんの世界』安藤ゆき著

こんにちは。

 

漫画大好き、1000冊以上読んでいるぐうこです。

 

心が弱っているときに、優しい小説、漫画、映画を見れば、心の回復の仕方が参考になるときもあります。

 

さっそくですが、心が弱ってるときに読んでほしい心温まる小説&漫画≪第二弾≫を紹介します。

 

👇第一弾はこちら👇

 

guuuukoooo.hatenablog.com

 

 

『町田くんの世界』安藤ゆき著

 

「人」が大好きな高校生町田くんは、どんな人にも優しく、思いやりに溢れています。

 

真面目そうで、勉強ができそうで、一見優等生に見える町田くんですが、顔も普通、勉強は普通、料理は苦手、運動もできるわけではありません。

 

でも彼は、みんなに愛されています。

 

町田くんが当たり前にしてる行動が、自然と周りの人を癒し、温かい気持ちにします。

 

この漫画には嫌な人が出てきません。

 

でも、心の底では闇を抱え、悩んでいる人たちがいます。

 

苦しんでいることに気付いた町田くんは、その人の心にそっと寄り添います。

 

町田くんの心配の仕方は、全然押しつけがまくありません。

 

相手が求めていることを察知して、与えてあげられる町田くん。

 

だから読んでいて優しい気持ちになれるし、登場人物たちも町田くんに救われるのだと思います。

 

町田くんは人の心を救っているなんて全く思っていませんが。

 

「心配=アドバイスをする」

 

だけではない。

 

アドバイスは相手を追い込むことさえあります。

 

ぐうこの両親は、「両親が」ぐうこに早く治ってほしくて、ダラダラしていると「動いたほうがいい」「早寝早起きした方がいい」とアドバイスをしてきます。

 

心配でアドバイスしているのは分かるのですが、ぐうこからするとそんなことは分かってるんですよね。

 

ぐうこが求めているのは、アドバイスではなく、「見守ってほしい」んです。

 

うつ病の人が求めているのは

 

「ありのままの自分を認めてほしい」

 

「自分を信じて見守ってほしい」

 

ではないでしょうか。

 

町田くんなら、自然とそうしてくれそうな気がします。

 

 

 

 


人気ブログランキング